デリカフーズは、野菜の卸売りをしている会社です

  • リンク
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 事務所マップ

デリカフーズ株式会社

ウェブ検索

当サイト内を検索

会社案内

肥培管理

デリカフーズでは、野菜の肥培管理を行っております。

平成17年(2005年)、外食のメニューに 『 原産地表示 』をするためのガイドラインが施行されました。
また、平成18年(2006年)5月には青果物流通における『 ポジティブリスト制度 』の導入され、青果物に対する「安心・安全」を求める声が高まっています。
デリカフーズでは、 独自に青果物の流通管理システムを構築することで、「安心」 「安全」な青果物をお客さま・消費者の方々にお届けすることを目的としています。

肥培管理の取り組み

栽培管理(栽培日時、土の状態、農薬管理等)を履歴化することによって
お客さまに安心安全な野菜を届ける仕組みを構築していきます。

肥培管理の取り組み

外食の原産地表示とは?

近年、BSE・鳥インフルエンザ・農作物から基準値を超える残留農薬等の問題が大きくクローズアップされ、食の安全性に対して関心が高まっています。
出所の解らない原材料(農作物)で 料理したメニューであっては、我々は安全性を確かめようがなく、安心で楽しい食事をすることができません。
このような流れの中で、外食事業者がお客さまに向けて、自主的に原産地表示を行うためのガイドラインを農林水産省がまとめたのが『 外食の原産地表示ガイドライン 』です。

ポジティブリスト制度とは?

食品に対する農薬の残留は 、従来『ネガティブリスト制』という考えに基づいて規制されていました。
ネガティブリストとは、農薬は原則自由で、使用してはならないもののみ、「残留してはいけないもの」を一覧表にして残留基準を定めていました。
残留基準を超えた食品は流通規制がかかり、我々のもとに届くことはありませんが、残留基準がない農薬に対しては、いくら残留していても規制することができす、輸入野菜に対する農薬の規制も難しいのが現状でした。
それに対して、2006年5月下旬に施工された『ポジティブリスト制』は、原則すべて農薬を禁止し、「残留を認めていいもの」のみの残留基準を一覧表にして示したものです。

ページトップへ